国立でインプラント治療をするなら国立くぼむら歯科クリニックのインプラントセンターへ

インプラントのことなら国立くぼむら歯科クリニック「インプラントセンター」へ

平日10時〜13時 14時30分〜20時 土曜10時〜13時 14時30分〜18時 休診 木曜・日曜・祝祭日 週間営業日カレンダー tel.042-533-5370

国立くぼむら歯科クリニックインプラントセンターには吉祥寺・三鷹・武蔵境・東小金井・武蔵小金井・国分寺・西国分寺・立川・日野・豊田・八王子からも多くの患者様が来院されております。

  • インプラント治療
  • 歯を失うこと
  • インプラント治療とは?
  • 他の治療法との違い
  • 再生療法との併用
  • よくある質問
  • 治療のプロセス
  • 治療の流れ
  • 治療にあたって
  • 安心へのご配慮
  • 手術の環境
  • 無痛治療
  • SimPlantによる治療計画
  • 治療費について
  • ご相談窓口
  • インプラントQ&A
  • 無料カウンセリング
Access JR国立駅徒歩1分の歯科医院「国立くぼむら歯科クリニック」

■JR中央線「国立駅」南口徒歩1分

〒186-0002

東京都国立市東1-4-8

国立セントラルビル3階

TEL:042-533-5370

国立くぼむら歯科クリニック「国立インプラントセンター」HOME > 安心へのご配慮 > 無痛治療

無痛治療

患者さまのなかには、これまでのご経験から、少なからず歯科治療は「痛いもの」という認識があると思います。
当院では、無痛治療を実現するための様々な方法を実施し、患者さまの不安を取り除く努力をしていきます。

表面麻酔法

表面麻酔法

麻酔のための「注射針を刺す痛み」に対する不安があると思います。
表面麻酔法とは、麻酔の注射を行う部分に、あらかじめ表面麻酔薬を塗っておくことで、注射針の痛みを軽減させる方法です。
この方法では、ゼリー状の表面麻酔薬を塗るだけです。

電動麻酔器

電動麻酔器

電動麻酔器は、一定の圧力でゆっくり麻酔液を注入することで、注入時の痛みを軽減する道具です。
また、この電動麻酔器では、極細の注射針を用いることができるため、より痛みは少なくなります。


笑気吸入麻酔法

笑気吸入麻酔法

治療中に鼻からマスクでガスを吸入することで、お酒に酔った状態に近い感覚となり、痛みや緊張を和らげる方法です。
全身麻酔と違い、意識がなくなることもありません。
ガスの吸入を停止することで、すぐに元の状態にもどり、治療終了後には安心して帰宅できます。
また、人体に無害なガスを用いるので、非常に安全で効果的な麻酔法です。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

点滴で麻酔薬を投与し、軽い全身麻酔のような状態にする方法です。
治療の音や痛みは全く感じることはなく、全身麻酔と違い、入院の必要もないため、その日のうちに帰宅できます。
当院では、経験豊富な麻酔専門医が管理にあたり、治療中は、全身管理モニターを用いて、血圧・脈拍・心電図・呼吸状態などの管理を行います。
また、麻酔薬と合わせて、痛み止めや腫れ止め、抗生剤を点滴することができるため、治療後の腫れや痛みを軽減することができます。

▲ページのトップへ